社会保険(健康保険・厚生年金保険)
令和4年10月から社会保険適用範囲が拡大!影響のある事業所は?

令和4年10月からは、社会保険に加入する義務のある「4分の3基準を満たさない短時間労働者で一定の者」の範囲が、変更され、社会保険加入義務者の範囲が拡大されることとなりました。また、個人経営の士業事務所で、常時、従業員(正社員だけでなく、パートなど全ての労働者を含みます。)を5人以上雇用している事務所については、令和4年10月から適用事業所となり、社会保険に加入する義務が発生することになります。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)
新型コロナウイルス感染症と傷病手当金

新型コロナウィルス感染症に係る休職が傷病手当金の支給対象となるか否かは、事案によって異なります。傷病手当金の支給対象となるのは、下記のとおりです。①風邪の症状や高熱があたったり、倦怠感や呼吸困難などの自覚症状があり労務が困難場合②自覚症状はないが、医療機関を受診しPCR検査を受けた結果「陽性」と判定された場合

社会保険(健康保険・厚生年金保険)
社労士が解説!あなたの生活を守る傷病手当金

傷病手当金とは、健康保険に加入している方(以下、「被保険者」)が病気やケガで働けなくなったときに所得保障を目的として支給される保険給付のことをいいます。傷病手当金が支給されるには次の4つの用件を満たす必要があります。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)
役員の社会保険への加入条件は

皆様、こんにちは。社会保険労務士の出口勇介です。 社会保険は、労働者だけでなく一定の要件を満たした法人の役員も加入する義務があることをご存じですか? 今回は、法人の役員が社会保険に加入する条件について詳しく解説します。 […]

労務・法務ニュース
算定基礎による社会保険料変更のお知らせ